ギフトを贈るなら 相手を敬う気持ちが大切

贈り物の季節に、セレブな奥様を悩ませるギフトの山

私などのような、ごく普通の一般庶民からすると、お中元やら、お歳暮やらに、贈り物が山のように届く、というのは、出世した証拠、手放しで喜べる素晴らしいことのように思えるのですが、実際には、そうでもないようです。

私のお店によく来て下さる、あるセレブな奥様は、旦那様がその業界では知らぬ人はいないというたいへん立派なお医者さまで、そのため、お中元やら、お歳暮やらの季節は、部屋がひとつつぶれるくらいギフトが届くそうです。

何ともうらやましいことのように思えるのですが、その奥様にとっては、その季節は、本当に地獄らしく、いやでいやで仕方ないらしいのです。

決して、謙遜や、自慢で言っているのではなく、本当にうんざりしているご様子です。

毎年、その季節になると、連日のように、宅配便の人がひっきりなしにやってきて、ギフトの管理だけで一日が終わってしまうほどらしいです。

夫に代わり、お礼をしたり、贈り物を返したりをするのは、すべて妻である奥様のお仕事なので、それが、とにかく大変とのこと。なにしろ、宅配便の方が、その贈り物の量に目を丸くするらしいですから、いったいどれだけのギフトが届くのでしょう。ある時などは、青い顔でやってきて、もう本当にいやになったから、昨日は一日、一切、チャイムには出ずに、家に閉じこもっていたのよ、などとおっしゃることもありました。
セレブな人には、庶民にはよく分からない大変さがあるものなのですね。

贈り物を今から調らべましょう

Copyright (C)2017ギフトを贈るなら 相手を敬う気持ちが大切.All rights reserved.